カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

ベランダやテラスにおすすめ!オーニング・サンシェードの特徴と効果

ベランダやテラスにおすすめ!オーニング・サンシェードの特徴と効果

ベランダやテラスに設置することで、日よけや雨よけ、外からの目隠しといった機能を果たすオーニング。
ストライプ柄などおしゃれなデザインのオーニングも多く、人気の高いエクステリアとなっています。

そんなオーニングですが、壁に打ち込むタイプや突っ張り棒で自立させるタイプなどがあり、どれを選べば良いか悩むことも多いのではないでしょうか。

ここでは、ベランダに設置できるオーニングの種類と、目的別の選び方についてまとめています。

ベランダにオーニングを取り付けることで得られる効果も解説しているので、参考にしてみてくださいね。

ベランダ用オーニング・シェードのタイプと選び方

ベランダ用オーニング・シェードのタイプと選び方
オーニングは直訳で「日よけ」や「雨よけ」という意味を表す単語です。
その名の通り、ベランダなどに設置して日差しを和らげる役割を持っています。

まずは、オーニングにどのような種類があるのか、また目的に合わせた商品の選び方を詳しく見ていきましょう。

ベランダ用オーニング・シェードの種類

ベランダ用オーニングは設置方法や機能などによって様々な種類に分かれます。

最も大きな違いは設置方法にあり、主に以下の4種類が挙げられます。

  • サンシェード型
  • 壁打ち型
  • 突っ張り棒型
  • 独立型

サンシェード型

サンシェード型のオーニングは100均などでも購入できる価格の安さと、設置の簡易さが特徴。

四角や中央のハトメ加工に紐を通し、フックに引っかけたりベランダの柵や重りと結んだりするだけで設置が可能です。

ただし強風の影響を受けやすいため、不要なときは収納しておくなど臨機応変な対応が求められます。

壁打ち型

壁打ち型のオーニングは外壁に直接取り付けるため、支柱などがなくスッキリしたデザインになります。

ベランダだけでなく、サッシやFIX窓(開閉できない固定窓)にも取り付けられるのがポイント。
こちらは工事が必要なため、取り付けができない構造の住宅や、賃貸の場合は設置することができません。

突っ張り棒型

突っ張り棒型のオーニングは、地面と軒部分のつっぱり棒を固定して使う自立タイプです。
ホームセンターなどで手軽に購入でき、工具不要でDIY初心者の方にもおすすめのオーニングです。

マンションや賃貸のベランダでも設置できるので、壁打ち型が取り付けられない場合はこちらを検討してみてください。

独立型

独立型のオーニングは、完全にオーニングだけで自立するタイプの商品です。
外壁に打ち込むことが難しく、かつ突っ張れる場所がないという場合は独立型がおすすめ。

DIYで自作できる簡易的なものから、工事を必要とする大型のものまで幅広いサイズが展開されています。
簡易型の場合は強風で倒壊するリスクもあるので、重しを付けるなどしてきちんと固定しましょう。

その他の違い

オーニングの設置方法以外にも、スクリーンの向き(垂直・水平)や開閉機能(手動・電動)などで商品の作りや価格が変わってきます。

中には太陽光や雨などをセンサーで感知して、自動的に開閉するタイプなどもあります。

設置数が多い場合は手動だと手間がかかるので、多少価格は上がるものの、電動や自動のものを選ぶと良いかもしれません。

目的に合わせたオーニングの選び方

オーニングには様々な種類があるため、目的や設置場所に合わせて適したものを選ぶ必要があります。

またサイズや予算などもあらかじめ相談し、購入後に後悔しないよう注意しましょう。

使用目的に合わせた選び方

ベランダにオーニングを設置したあと、そのスペースをどのように使うのかによって適した商品が異なります。

日よけ目的であればサンシェード型、洗濯物干しなど雨よけも兼ねたい場合は壁打ち型がおすすめ。
目隠しとしても機能させたい場合は突っ張り棒タイプが良いでしょう。

設置場所に合わせた選び方

軒先や屋根など上部に固定する部分がある場合は突っ張り棒タイプがおすすめです。

外壁に取り付けることができるのであれば壁打ち型が良いですし、何もない場合はサンシェード型や独立型を選択しましょう。

オーニングを設置する際の注意点

DIYできる簡易型のオーニングであれば問題ありませんが、壁打ち型やサイズの大きな独立型の場合、外壁や下地の補強が必要になる可能性も。

住宅の状態を確認してからオーニングを設置するようにしましょう。

また特定のエリアやマンションなどでは、景観保持のために一定の規約が設けられていることが多いです。
ベランダにオーニングを設置しても良いかどうか、先に確認しておくことをおすすめします。

オーニングで屋根を追加するメリット・効果

オーニングで屋根を追加するメリット・効果
続いて、ベランダにオーニングを取り付けることで得られるメリットや効果について見ていきましょう。

日よけ・雨よけになる

日よけ・雨よけはオーニングが持つ本来の役割です。
夏の強い日差しを和らげ、紫外線カットや室内温度の上昇を抑えるといった効果が期待できます。

更に防水のオーニングを使えば、突然の雨でも洗濯物や植木に被害を与える心配がありません。

また、周囲からの視線も同時にシャットアウトできるので、目隠しとしても有効です。
隣家や道路を気にすることなく、自分だけのゆったりとした空間を作り出すことができるでしょう。

テラス床などの劣化を抑える

日差しは人体だけでなく、住宅の床や壁を劣化させる原因にもなります。

オーニングで日差しを和らげることで、床の日焼けや色あせなども防ぐことができるのです。

まとめ

  • ベランダ用のオーニング・シェードには大きく4種類の商品がある
  • 注意点を押さえつつ、目的や設置場所に合わせたオーニング選びが重要
  • オーニングには日よけ・雨よけ・目隠しなど様々なメリットがある

毎年のように最高気温が更新されている昨今、熱中症対策としてもオーニングはおすすめです。

家の雰囲気に合わせたおしゃれなオーニングを見つけ、ベランダに一工夫を加えてみてはいかがでしょうか。

OZTECHの電動オーニングを見る