カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

駐車場に屋根を設置する場合の費用相場と工事前に確認すべきポイント

駐車場に屋根を設置する場合の費用相場と工事前に確認すべきポイント

カーポートとは、柱と屋根で作られた駐車場スペースのことです。
屋根がないものをオープンスペース(青空駐車場)、柱と屋根に加え壁も付いているものをガレージと呼び分けています。

カーポートは雨や日差しから車を守ることができ、かつガレージよりもコストが安いことから選択する家庭が増えています。
ここでは、カーポートタイプの駐車場屋根を設置する際にかかる工事費用の相場と、駐車場に屋根を取り付けるメリットについてご紹介。

駐車場のリフォームを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

駐車場に屋根を設置する場合の費用はいくらかかかる?

駐車場に屋根を設置する場合の費用はいくらかかかる?

カーポートを設置して駐車場に屋根を取り付ける場合、リフォーム会社などに工事を依頼することになります。
駐車場屋根は大型のエクステリアになるため、DIYで自作するのは難しいでしょう。

まずは、駐車場に屋根を建築する場合にかかる価格の相場と、機能や素材などの種類について見ていきましょう。

カーポートの工事費用相場

駐車場屋根(カーポート)のリフォーム費用は、車の台数によって大きく変動します。
各台数の費用相場は以下の通りです。

  • 1台用:10~30万円程度
  • 2台用:30~50万円程度
  • 3台用:50~70万円程度
  • 4台用:70~90万円程度

上記の本体価格に加え、取り付け費用や駐車場の下地がコンクリートの場合は穴あけといった施工費用がかかります。

本体価格プラス5万円~7万円程度は見ておいた方が良いでしょう。
メーカーやリフォーム会社によっても値段は異なるので、リフォームの際は複数の会社から見積もりをとることをおすすめします。

機能や素材によって価格は異なる

オプションという形でカーポートに機能性を持たせたり、デザインや素材にこだわったりすると値段は高くなります。

機能面では、耐風・耐雪・遮熱・UVカットといったオプションを追加することが可能です。
それぞれ数万円~10万円程度で追加できるので、住宅のあるエリアに合わせて検討してみてください。

デザイン面でも、メタリックなものや木目調のものなど、様々な種類から選ぶことができます。
アルミとポリカーボネートというシンプルな組み合わせが定番ですが、外観もおしゃれにこだわりたい方は少し変わった素材を選ぶのもおすすめです。

素材による金額の違いは数万円~10万円程度になります。

駐車場に屋根を設置するメリット

駐車場に屋根を設置するメリット
続いて、駐車場に屋根を設置するメリットについて見ていきましょう。

駐車場の屋根は設置しなくても特別困るものではありませんが、屋根があることで便利に感じるポイントがたくさんあります。

雨や雪から車を守ることができる

駐車場に屋根が付いていると、雨や雪が降っているときでも乗り降りが簡単です。

傘をさしたり慌てて車に乗り込んだりする必要がないからです。
車に荷物を積み込む際も楽ですし、両手いっぱいに荷物を抱えているときでもゆっくり作業できます。

また少し広めの屋根を設置すれば、自転車を置く駐輪場を兼ねることもできるでしょう。
雨の日にカッパを着たり脱いだりするときに、屋根があれば自身が濡れなくて済むのでおすすめです。

更に、冬の時期は雪や霜が降りて、毎朝霜取りから始めなくてはいけないという方も多いのではないでしょうか。

カーポートがあれば、屋根部分が霜を代わりに受け止めてくれるので安心です。

色褪せや車内の日焼け防止

駐車場屋根に使われるポリカーボネート板などは紫外線カットの効果が期待できるため、車の塗装や車内のシートが日焼けすることを防いでくれます。

素材によっては完全遮光のものもあるので、日差しによる劣化を抑えたい場合は屋根の取り付けがおすすめです。

更に、屋根によって日陰ができることで、車内の温度上昇を抑える効果も期待できます。

落下物による被害を防ぐ

台風などで物が飛んできたり、上階のベランダから物が落下してきたりした場合、駐車場の屋根が受け止めてくれます。

車にキズが付くと修理代がかさみますが、カーポートであれば衝撃耐性も十分なので安心。

また鳥のフンも車体を傷ませる原因になるので、屋根に防いでもらうのが良いでしょう。

施工前に確認しておきたい注意点

施工前に確認しておきたい注意点
カーポートの設置には様々なメリットがあることが分かりましたが、駐車場に設置する際に注意すべき点もあります。

最後に、建築基準法との関係や隣家への影響など、あらかじめ確認した方が良い項目について詳しく見ていきましょう。

建ぺい率との関係(建築確認申請)

建ぺい率とは、敷地の広さと実際に建築する家の面積の割合を指します。
全ての建物はこの建ぺい率に基づいて建築する必要があり、カーポートも一部を除いて建築物という扱いになるのです。

建ぺい率は以下のように計算されます。

建ぺい率(%)=建築面積÷敷地面積×100

建ぺい率は建築基準法で定められているため、必ず従わなければいけません。

カーポートの設置については、建築確認申請という申請を行う義務があるため、事前に駐車場へ設置できるかどうかを確認しておきましょう。

必要サイズと隣家への影響

カーポートのレイアウトや角度によっては、屋根にたまった雨水や雪、また落下物などが隣家に流れていく可能性があります。

隣家の車や庭を汚してしまうと、ご近所トラブルに発展しかねないため、きちんとレイアウトについて業者と相談するようにしましょう。

また車の台数や車種によってカーポートのサイズは変動します。
ドアを開閉するスペースも踏まえ、必要なサイズを判断するようにしてくださいね。

まとめ

  • カーポートの費用は1台につき10~30万円程度の費用がかかる
  • 駐車場に屋根があると雨よけや落下物防止など様々なメリットが得られる
  • 建ぺい率や隣家への影響を考慮してサイズ設定をする必要がある

カーポートは自宅の外観を彩る顔にもなり得ます。

適切なサイズを計算し、おしゃれで見栄えのするカーポートを設置してみてくださいね。

OZTECHのパーゴラもおすすめ。詳細はこちら