カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

テラスをワンランク上の空間に演出するエクステリア

テラスをおしゃれにするエクステリアとは。目隠しや室内保護、温度調整にも

住宅の外構部分は活用できる箇所であるにも関わらず、意外に放置されている部分では無いでしょうか。もしかしたら子供の遊び道具が置かれているかも知れませんが、そっけなく置かれているだけかも知れません。

しかし、住宅の外構部分は工夫次第で様変わりするものです。アイディア次第で活用の幅はグンと広がります。

ここでは、テラスをテーマとして取り上げ、設置が可能なおしゃれなエクステリアアイテムなどについて紹介します。

この記事の監修者
WEBマーケティングライター
田上 信
大手建材メーカーで開発部門に席を置いています。エクステリアに関しては商品開発に10年携わって来ました。また、建材全般のテストエンジニアとしても物理・化学・電気に関する試験を担当して来た経験があります。私生活としては、東京在住、家族は5人。趣味は英語のブログ執筆。

テラスはおしゃれな空間

まずはテラスがどの様な部分であるか、再確認をしたいと思います。

テラスはユーティリティスペース

テラスは家のまわりに設置する「庭から一段上がった部分」です。多くの場合、デッキ材などが敷かれていて、ユーティリティスペースとしても活用が可能となっています。

居室からの延長でもあるため、室内と庭の間の「くつろげるスペース」とも言えるでしょう。

テラスに設置する主なアイテム

テラスには様々なアイテムを設置することが可能ですが、良く設置されるアイテムは、テラス屋根が多く、また、最近ではウッドデッキが増えています。

テラス屋根やウッドデッキは一流メーカー製の物があり、高品質です。

尚、テラスに設置出来るアイテムの中にはDIYで作ることが可能な物もあるので、ホームセンターなどに行って、アイテムを品定めするのも面白いです。きっと、カタログでは見られない発見があることでしょう。

また、ネットなどで施工の事例を探すことも可能です。もしかしたら、思わぬ発見があるかも知れません。

新居でもリフォームでも

テラスは新築だけでなく、リフォームでも作ることが可能です。ですから、中古住宅を購入する場合も、おしゃれなユーティリティスペースのある生活を楽しむことが出来ます。

そして、リフォームの場合には、敢えてレトロ感を出すのも面白いです。アイディア次第でバリエーションは広がります。

テラス屋根

テラス屋根は、テラス部分に設置される屋根で、基本的機能は雨よけの他に、温度調整などがあります。また、パネル類を活用すれば、目隠しや室内保護も可能です。

尚、テラス屋根の材質はアルミとポリカーボネート樹脂を使った物が多いです。

屋根に使うポリカーボネート板は強い日差しを適度な状態に変えてくれます。心地の良い状態を作るエクステリア製品と言えるでしょう。

テラス屋根にもタイプがある

ところで、テラス屋根にも様々なタイプがあります。例えば曲線を基調とした柔らかいデザインの物や、直線的なシャープな物。サッシと組合わせて組合わせてサンルームの様に使うテラス囲いのタイプもあります。

また、独立させて使うタイプもあれば、バルコニーに設置が可能の物もあります。

その他にも出幅の広いカーポートとして使えるタイプもありますし、納め方によっては入り口のアプローチ部分に使えるかも知れません。

エクステリアメーカーの商品カタログを見ると、バルコニー設置やカーポートの他にも、出入り隅などの様々な施工例を見ることが出来ますが、実にバリエーションは広いです。

テラス屋根の関連オプション

テラス屋根のオプション品は、基本的にはパネル類です。これは柱に設置するタイプや、屋根の妻面に取り付けるタイプの物があります。パネルは1方向に付けることも出来ますし、囲いとして施工することも可能です。

また、竿掛けもオプションとして屋根に取り付けられるので、物干しに便利です。

テラス屋根のオプション品は、施工例なども一緒にエクステリアメーカーのカタログなどで見ることが出来ます。ぜひチェックしてみましょう。

ウッドデッキ

次にウッドデッキについて紹介します。

ウッドデッキとは

ウッドデッキはエクステリア製品の中では、比較的新しい製品です。1990年代、ガーデニングが流行った時期にエクステリアメーカーが相次いで発売しました。

ウッドデッキは、庭のユーティリティスペースとして活用できます。例えば、お茶を楽しんだり、読書をしてみたり、子供の遊び場としても活用が可能です。

木の風合いを楽しみながら過ごせるので、上質のくつろぎを味わうことが出来ます。

また、ウッドデッキにはDIYで施工が可能な物もあります。これは、ユニット化したウッドデッキをボルトなどを使って施工するタイプで、仮に工事に不慣れであっても施工しやすい様に作られています。

尚、ウッドデッキにはフェンスが付いていますが、このフェンスを目隠しとして施工すれば、プライバシーを守ることが可能です。

ウッドデッキの材質

ウッドデッキは基本的にはウリンなどの天然木が多いのですが、樹脂と木粉をブレンドした素材が使われている物もあります。

この素材は樹脂と木の性質を兼ね備えていて、ささくれや割れなどが入りにくく、しかもメンテナンスが少なくて済む特性もあります。

その他のエクステリアアイテム

テラス部分に使用できるエクステリアアイテムは、他にもいろいろと揃っています。ここで、いくつかの代表的な物を紹介します。

フラワーポッド

フラワーポッドはエクステリアアイテムでも、意外に重要性の高いアイテムです。と言うのも、ガーデニングを楽しむためには、フラワーポッドが欠かせないからです。

建物の外構まわりをスタイリッシュに演出するためには、花の存在は無視できず、園芸用品は不可欠となるのです。

タイルや敷石の施工

エクステリアを考える際、タイルや敷石についても気を配るべきです。と言うのも、タイルや敷石も施工によってはモダンな感の演出が可能だからです。

しかも、敷石などは価格もそれほど高い物ではありません。費用を抑えながらエクステリア部分を彩ることが可能なのです。

エクステリアはトータルで考えることが大切

ここではエクステリアをトータルで考えた場合の大切さについて考えてみたいと思います。テラス屋根はバルコニーなどと組み合わせられることは前述の通りなのですが、実は他のガーデンエクステリア製品と組み合わせて施工することも出来るので、非常に面白いです。

素材を組み合わせる面白み

エクステリアメーカーはガーデン向けに、実に様々なアイテムを販売しています。アルミをはじめとした金属系の物、天然木をベースとした物、更にはロートアイアンの様な工芸品の様な逸品を組み合わせた物もあり、組み合わせが可能です。

また、屋根もパーゴラを組み合わせるのも面白いです。パーゴラのシェードとウッドデッキの組み合わせは、柔らかく温かい空間を演出してくれることでしょう。

ただ、それを上手く組み合わせるためには、エクステリア製品の品揃えと、工事について良く知っておく必要があります。

フェンスなどの施工もおすすめ

エクステリアのカタログを見てみると、ガーデンエクステリアの製品として、機能門柱などが販売ざれていることに気が付きます。また、ガーデン製品にはフェンスなどの記載もあります。

当然ながら、これらの製品を活用して、デッキ部分の空間演出も可能です。

例えば、メッシュフェンスなどを敷地まわりに施工すれば、開放感に溢れたエクステリアを作ることが可能です。

予算の確認も忘れずに

テラスの設置を考えると胸が膨らみますが、予算について忘れる訳には行きません。テラス屋根にしろ、ウッドデッキにしろ、決して激安の製品ではありません。しっかり予算を考えて計画することが必要なのです。

ただし、全体を安いエクステリア製品で埋め尽くすと、庭全体が安っぽくなり、家の外観の印象までもが悪くなってしまいます。その場合にはアクセント的に豪華な部分を作るなどして、予算を抑えながら、デザインを工夫することが大切になります。

まとめ

テラスと、そのまわりのエクステリア製品について見て来ました。テラスまわりに設置するエクステリアアイテムが、単に目隠しや室内保護、そして温度調整だけでなく、心地よい空間づくりに役立つ物であることが分かったことと思います。

テラスのあるエクステリアは非常に魅力的です。家のプランニングをする際には、ぜひテラスについても検討してみましょう。