カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

ワンランク上の空間演出。最適なエクステリアとは

何に気を付けるべき?デザインがおしゃれなエクステリア工事をするために

エクステリア造りは胸が躍ります。自然と親しむ空間、子供と遊べるスペース、ゆったりした時間を楽しめる場所、いろいろな思いがあることでしょう。

ただ、良い空間とするためにも、基本は「おしゃれなエクステリアデザイン」にすることが重要です。

しかし、単に「おしゃれなエクステリアデザイン」とするのにも、工事やアイテム選びで気を付ける点を把握していなければなりません。仮に知らないで工事をすると、場合によっては失敗してしまうこともあるからです。

そこで、ここではエクステリアのデザインを、より良くするために気を付けたい点について解説します。

この記事の監修者
WEBマーケティングライター
田上 信
大手建材メーカーで開発部門に席を置いています。エクステリアに関しては商品開発に10年携わって来ました。また、建材全般のテストエンジニアとしても物理・化学・電気に関する試験を担当して来た経験があります。私生活としては、東京在住、家族は5人。趣味は英語のブログ執筆。

デザインで気を付けること

まずは、エクステリアのデザイン全体で、気を付けることについて解説します。

トータルコーディネートを意識する

エクステリアのデザインは、基本はトータルコーディネートで考えるべきです。ウッドで考えるならば、門や塀などにもウッドのアイテム設置を検討するべきでしょうし。また、モダンなイメージとするならば、アルミ製のアイテムの多用も良いでしょうし、フロアにタイルを敷くことなど考えられます。

エクステリアのデザインは家の印象まで決めてしまう場合もあります。トータルで考えましょう

イメージをまとめておく

デザインは最初の段階でイメージをまとめておきましょう。イメージをまとめておかないと、業者と相談する時に考えが伝わらない場合があるからです。

特に、デザインは伝えにくい点も結構あります。ですから、事前にイメージを具体的にしておくことがおすすめです。

植栽の配置も考える

エクステリアは既存の製品の設置だけでも、一応の機能は果たしますが、おしゃれなデザインを目標とするには、植栽の導入も検討すべきです。

植物は、エクステリアメーカーの販売する既製品では、絶対に出せない様な躍動感を持っているからです。

ただし、植物も配置に気を付けなければ、デザインを壊してしまう恐れがあります。デザインをより良くするためにも、植栽の配置に気を付けましょう。

会社選びで確認すること

エクステリアの工事を「確かな物」とするためには、工事に当たる会社選びが大切になります。

しかし、業者選びと言っても、確認することを知らなければ、良く無い業者に当たるリスクもあります。

ここでは、良い業者選びのために確認すべきことを取り上げます。

技術力の確かさ

エクステリアの工事は専門家の仕事です。しかも高い技術が必要な工事です。そのため、業者の技術力が高く無ければ、良いエクステリアは生まれません。

技術力の確認には、過去の施工例などを見るのがおすすめです。

業者によっては、過去の工事の実例を作品集の様にまとめているところもありますので、その様な資料を見せてもらい、技術力を確認しましょう。

3Dソフトなどで完成イメージを確認できるか

エクステリアのデザインは、図面などからでは確認が非常に難しいです。図面には着色がしていませんし、素材の質感も分かりません。

しかし、今では3Dのアプリなどで、完成イメージを教えてくれる業者もあります。完成後のイメージの確認のためにも、業者が対応しているか確認しましょう。

有資格者のいる業者か

エクステリアの工事は専門性の高い工事です。ですから、専門の資格のいる業者がおすすめです。

例えば、建築士のいる会社であれば、新築で建てる場合の説明がより深く出来るでしょう。また、リフォームでのエクステリア設置においても、より良い物を提案してくれるでしょう。

デメリットも説明するか

エクステリアの工事は全部がメリットだらけになるとは限らず、やはりデメリットも発生します。

業者を選ぶ際には、その様なデメリットやリスクまで説明してくれる会社を選ぶべきです。

リフォームの実績

特に中古住宅を購入してエクステリア工事をする場合、その業者にリフォームの実績があるかどうかが、選ぶ際の大きなポイントとなります。

エクステリアのみの設置しか経験の無い業者、あるいはリフォームについて実績の乏しい業者が担当すると、既存家屋のデザインと機能にマッチしないプランを立てて来る危険性もあります。ぜひリフォームの経験があるかを確認しましょう。

ガーデンエクステリアで気を付けること

次に、ガーデンエクステリアのプランニングで、気を付けるべき点を解説します。

安全な庭にする

まず注意すべきなのは、「安全を最優先にすること」です。デザイン性ばかり追求していくと、安全性を忘れてしまう危険性があります。

特に、庭で子供が遊ぶことを想定するならば、デザイン性もですが、安全性にも気を付けなければいけません。

子供を安心して遊ばせるためにも、安全配慮に気を付けましょう。

門扉やフェンスとのコーディネート

デザインをトータルで考えるためには、門扉やフェンスなどのガーデンエクステリア製品との相性にも気を付けるべきです。

エクステリアメーカーのカタログを見ると、様々なガーデン向け製品を見つけることが出来ます。

先にも挙げましたが、エクステリアのデザインはトータルで考えることが必要なので、そこにはガーデン製品も入るべきです。

エクステリアメーカーのガーデン製品などを見て、情報を仕入れておくことがおすすめです。

カースペースと合わせる

住宅を敷地全体で見るならば、カースペースとデザインを合わせることも重要となります。車の位置を考えることも大切ですし、スペース全体をどの様にするかも大切です。

砂利を敷くか、コンクリートを打つかによっても印象が変わるので、デザインを検討する場合には、カースペースも併せて検討しましょう。

テラスのエクステリアで気を付けること

エクステリアのデザインを検討する場合、ガーデン部分と共に、テラスまわりも併せて考えるべきです。と言うのも、併せて考えないと、デザインの統一性を保てないからです。

では、どの様な点で考えるべきでしょうか。

ガーデニングとの組み合わせ

前述の通り、エクステリアのデザイン性のアップのためには、植物の存在が欠かせません。植栽の配置が重要となるのですが、より具体的に言うならば、ガーデニングのアイテムと一緒に考えるべきでしょう。

ガーデニングのアイテムも、ウッドを基調とした物から、テラコッタなどをイメージした物など様々です。より良いデザインとするためにも、ぜひガーデニングのアイテムも同時に検討しましょう。

住宅のデザインとマッチさせる

テラス部分は住宅と接する部分です。そのため、住宅の外観にデザイン的にもマッチさせなければなりません。

例えば、レトロな雰囲気を持つ住宅には、柔らかい雰囲気のアイテムが合うとも思われます。

尚、前述の通り、住宅に合わせるためには、リフォームの知識も重要になります。リフォームに精通している業者に依頼することが望ましいです。

ウッドデッキやパーゴラなども考えたい

エクステリアの機能性やデザイン性を上げるために、更に言うならば「一枚上手のエクステリア」とするためには、ウッドデッキやパーゴラ設置がおすすめです。

ウッドデッキやパーゴラは、テラスのデザインを良くするだけではありません。居住性も良くするメリットもあります。ウッドデッキやパーゴラも、ぜひ検討しましょう。

エクステリアのアイテム選びで気を付けること

エクステリアのアイテムは、非常に多岐に及びます。そのため、選び方を知っておかなければなりません。

ここではアイテム選びで、気を付けたい点を解説します。

素材選び

まずは素材の選び方です。

エクステリアのアイテムの素材は確かに多岐に渡りますが、素材にはメリットもありますが、同時にデメリットも存在します。

例えば、アプローチ部分などはフロア面に敷く素材を間違えると、滑りやすくなり場合もあります。

素材の特性をしっかり把握することが、非常に大切であることを忘れない様にしましょう。

製品選び

エクステリアメーカーの製品は、高品質の物ばかりと思えるかも知れません。しかし、目的などにマッチしない場合もあるので、設置する製品選びは気を付けなければなりません。

例えば、本来ならば手すりを付けるべき場所に、デザイン性を優先してフェンスを設置してしまうと、安全性の点で問題が発生します。

製品選びも非常に大切であることを覚えましょう。

費用について

おしゃれなエクステリアには胸が躍るかも知れませんが、現実の問題も目を背ける訳には行きません。つまり費用です。

デザインに凝ることも必要ですが、予算を考えることも大切です。見積もりをしっかり取って、無理の無い範囲で造りましょう。

まとめ

おしゃれなデザインのエクステリアを造る上での注意点について解説しました。

単にデザインを追求するだけでなく、業者選びなども重要であることが分かったことと思います。

エクステリアを良い物とするためには、トータルで考えなければなりません。業者選びなども含めて考え、よりファッショナブルなデザインのエクステリアを造りましょう。