カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

雨よけに最適!ベランダやテラスにおすすめのエクステリアとは

雨よけに最適!ベランダやテラスにおすすめのエクステリアとは

エクステリアとは、住宅の外構を彩るデッキやバルコニー、ガレージなどの総称です。
新しく家を建てる際、家の中のことはあれこれ考えますが、外のことまでは頭が回らないという方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、エクステリアは外から見える部分になるため、家の顔とも言えるべき重要なポイントです。

ここでは、見た目のデザイン性だけでなく、雨よけの機能も果たすおすすめのエクステリアをご紹介。
施工価格の相場もまとめているので、雨よけアイテムを設置する際の参考にしてみてくださいね。

雨よけに使えるエクステリア商品の一覧と価格相場

雨よけに使えるエクステリア商品の一覧と価格相場
エクステリアを設置する場合、家の外の空間をどのように活用したいのかを考えることが大切です。

「お気に入りの花を育てるガーデンを作りたい」「雨でも洗濯物干しや子どもの遊び場に困らないようにしたい」など、様々な目的がありますよね。

どのような内容でも、雨よけ・日よけの機能は比較的重要視されるポイントではないでしょうか。

まずは、雨よけに便利なエクステリアの種類と、施工価格の相場について詳しく見ていきましょう。

テラス屋根

テラスとは、自宅から屋外に庭に張り出した台のような部分のことです。
1階部分に設置されている場合はテラス、2階以上の場合はバルコニー、2階以上でかつ屋根が付いているものはベランダと呼び方が変わります。

通常、テラスには屋根が含まれないため、雨よけが必要な場合は別途テラス屋根の設置が必要です。
テラス屋根には木材やポリカーボネートなど様々な素材があるので、テラス部分とデザインがマッチするものを選ぶと良いでしょう。

テラス屋根の形状にはフラット型とアール型の2種類があり、より雨よけ効果が高いのはアール型と言われています。

テラス屋根の施工価格の相場は、工事費用含めて15万円~20万円程度。
壁に直接取り付けるタイプと独立タイプによる価格差はほとんどありません。

オーニング

オーニングとは、必要に応じて開閉のできる可動式のテント屋根のようなエクステリアです。
カフェやレストランなど店舗のテラス部分の雨よけに使われていることが多いです。

無地のシンプルなものから、ストライプ柄などのおしゃれなものまでデザインの幅が広く、雨よけはもちろんエクステリアのアクセントとしてもおすすめ。

オーニングは開閉可能なため、天気に合わせて使い分けられるのがメリットです。
ベランダや小窓、玄関などに取り付けられるタイプもあり、使い勝手の良いエクステリアとなっています。

オーニングの施工価格の相場は、工事費用含めて15万円~40万円程度。
突っ張り棒タイプなど、DIYできる簡単なものも販売されているので、費用を抑えたい方はこちらもおすすめです。

パーゴラ+シェード

パーゴラとは、植物を這わせてガーデニングを楽しめるおしゃれなエクステリアのことです。

日本ではつる棚や緑郎と呼ばれている他、学校や公園にある藤棚などもパーゴラの一種。
植物だけで自然に屋根を作り上げることも可能ですが、きちんと雨よけをしたいのであればポリカーボネートなどを取り付けるのがおすすめです。

パーゴラシェードとして販売されている商品には、センサーによって自動で開閉する電動屋根タイプのものあります。

パーゴラはDIY可能なキットも販売されており、比較的取り入れやすいエクステリアです。
DIYの場合で5万円程度、メーカー・業者依頼で設置すると15万円~25万円程度が相場となっています。

カーポート・サイクルポート

カーポート・サイクルポートとは、柱と屋根で構成された駐車場・駐輪場スペースのことです。

柱と屋根に加え、壁もあるものをガレージと呼びます。

カーポートを設置すれば、雨の日でも車の乗り降りがスムーズになりますし、ちょっとした物置としても使えます。

少し広めのカーポートなら自転車置き場も兼用できるでしょう。

カーポートの施工価格の相場は、1台につき10万円~30万円程度。
リフォームで後から取り付ける場合は、追加の工事費用が5万円~7万円程度かかると考えておきましょう。

雨よけのエクステリアを設置するメリット

雨よけのエクステリアを設置するメリット
続いて、雨よけ効果のあるエクステリアを設置することで得られるメリットを見ていきましょう。

またデメリットや注意点も確認し、設置するかどうかを判断してくださいね。

荷物や洗濯物が濡れない

雨よけの最大のメリットは、雨の日でも外のスペースを有効活用できるという点。

荷物や洗濯物を濡らさずに済みますし、子どもの遊び場としても機能してくれるでしょう。

日除けとしても有効

前述のエクステリアは、雨よけと同時に日よけ効果も得られます。
紫外線をカットし、室内温度の上昇を抑えるなど様々なメリットがあります。

また外からの目隠しとしても活用できるでしょう。

スペースの活用アイデアが増える

屋根が付くと、そのスペースを1つの部屋のようにアレンジすることができます。

物置などの収納スペースにしても良いですし、テーブルやイスを設置してリビングルームのように使うのもおすすめです。

デメリット・注意点も確認

雨よけのエクステリアは、ポリカーボネートや布で構成されていることも多いです。
そのため、台風などの強い風や積雪によって破損してしまう可能性があります。

積雪の多い地域では強度の高い素材を選ぶなど、気候に合わせた商品選びが大切です。

また壁に取り付けるタイプのエクステリアの場合、外壁に穴をあけて取り付けることになります。
自宅の構造によっては施工ができないケースがあるので事前に確認するようにしましょう。

まとめ

  • 雨よけのエクステリアには、テラス屋根やオーニングなどの種類がある
  • 全体の相場として、25万円程度を見ておくと良い
  • 雨よけだけでなく、日よけや目隠しなどのメリットをもある

雨よけのエクステリアには様々な種類があり、設置個所や目的に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

外観にマッチするエクステリアを見つけ、よりおしゃれで快適な空間を作り上げてくださいね。

OZTECHの製品はこちらから