カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

おしゃれな庭作りにぴったりのエクステリアとは

良いデザインのガーデンエクステリア施工のために知っておきたい知識とは?

良いデザインのガーデンエクステリアを施工するために、雑誌やネット、ショールームなどで施工例を見ることは大切です。住宅街を見るのも有益ですが、良い例を知るためには、良質の情報ソースを使った方がベターだからです。

ただ、エクステリアに凝るためには、アイテムの知識やデザインのコツ、そして工事などについても知っておくのがおすすめです。と言うのも、その様な知識があれば現場に合わせた物を造りやすいからです。

そこで、ここではエクステリアアイテムの知識の意義、ガーデン部分のデザインのコツ、そして工事の知識の有用性を、パーゴラとオーニングの例を交えて解説します。

エクステリアアイテムの知識の意義

まずは、おしゃれなデザインにするための、エクステリアアイテムの知識の意義について解説します。

機能とデザインの知識の意義

エクステリア製品のデザインには、それぞれ意味があります。

例えば、目隠しフェンスのデザインはプライバシー保護のために取られているデザインですし、片流れ式のカーポートには駐車が容易になる利点が隠れています。

この様に、エクステリア製品の機能とデザインの関連性を知っておけば、機能とデザインを両立させたエクステリアを構築することが可能で、意義深いと言えます。

素材の知識の意義

エクステリア製品は様々な素材で出来ています。良いデザインとするためには、素材の知識も必要です。

例えば、エクステリアのカタログに「ハードウッド製のウッドデッキ」と記載されていたとします。この場合、「ハードウッド」について知っていれば、素材の質感なども分かる様になり、ガーデン部分のイメージもしやすくなります。

素材の知識は良いエクステリアのを造る上で、有用となる知識であることを覚えたい物です。

詳細を知る意義

エクステリアのアイテムの詳細を知っておくことも有用です。

例えば、ガーデンファニチャーはテラス部分に置くアイテムですが、意外に形状が複雑で、掃除に手間が掛かる物もあり、洗剤も選ぶ必要もあります。この時、ファニチャーの仕様を詳細に知っておけば、ファニチャーをメンテナンスする時に有用です。

エクステリアアイテムの詳細を知るならばエクステリアを最適な状態にすることが可能です。ぜひ細かい部分まで見る様にしましょう。

ガーデン部分のデザインのコツ

次に、ガーデンエクステリアのデザインのコツについて紹介します。

デザインはトータルで考える

外構工事はエクステリア単品で考えるのでは無く、トータルで検討することが非常に大切です。

例えば、落ち着いたデザインのエクステリアを狙っていながら、明る過ぎるライトでギラギラと照らすことはおすすめ出来ません。と言うのもエクステリアの雰囲気とライトがミスマッチを起こす場合も考えられるからです。この場合はライトを落ち着いた物とすべきでしょう。

この様に、トータルでデザインをトータルで考えないと、全体の雰囲気までが崩れます。工事の際にはガーデン部分を総合的に相談し、検討しましょう

素材と質感で統一する

先にライトのミスマッチの例を挙げましたが、ガーデン部分は素材と質感で統一すれば、より良いガーデンエクステリアになります。

例えば、ガーデニングスペースにはプランターに合わせた素材で飾れば統一が出来ます。また、プランターとの雰囲気を合わせるために、柔らかさを感じる質感のタイルなどを張れば、良いコーディネートが可能です。

フォルムで統一する

ガーデンエクステリアをフォルムで統一性を計るのも、良い手段と言えるでしょう。

例えば、エクステリアメーカーによっては、曲線を基調としたオープン外構のアイテムを出しています。これに合わせて周囲のエクステリアパーツのフォルムを曲線にすると、全体のコーディネートが出来るのです。

ちなみに、曲線を基調としたエクステリアアイテムには、ガレージに設置するカーポートなどもあります。ですから、ガーデン部分のエクステリアと、ガレージまわりの部分での統一性まで図ることが出来るのです。

エクステリアは工事についても知っておきたい

エクステリアは製品だけでなく、工事についても知っておけば、良い外構を造ることが出来ます。

工事の流れも知っておきたい

良い外構工事のためには、工事の流れについても知っておくべきです。

例えば、工事の手順を知っておけば、途中での仕様変更の対応の可否なども分かります。工事の途中で追加の部材を使う場合、タイミングを知っていれば、途中でパーツを店舗で購入して設置することも可能となります。

良い会社を選ぶために

工事について知ることは、良い会社を選ぶ際にも役立ちます。と言うのも、外構工事の会社にはそれぞれに得意分野があるからです。

ガーデン部分を工事したいのに、ガーデン部分の工事が苦手な会社に依頼をしても、良いガーデンエクステリアにはなりにくいですし、ガーデン部分の工事が得意であれば、より良いエクステリアとなるからです。

相談を的確にするために

外構工事は大掛かりな工事となるため、外構工事業者と相談する必要があります。この時、外構工事に関する知識の有無で、相談の充実度が違います。

例えば、新築の家のガーデンエクステリア工事は、家そのものが建っていないため、住宅そのものまで併せてイメージして相談することが必要です。

この時に、外構工事の流れを知っていれば、相談が的確に出来る様になります。相談は無料で出来ますが、時間を掛けすぎるのは得策ではありません。外構工事を勉強して、適格な相談をしましょう。

情報収集のためにも知識は必要

より良いガーデンエクステリアを造るためには、幅広い情報収集が欠かせません。この時、闇雲に調べるよりも外構工事に関して知っておけば、より精度の高い調査が可能となります。

ぜひ良いエクステリア造りのためにも、外構工事について知っておきましょう。

パーゴラでガーデン部分を飾る施工例

次に、ガーデン部分を造る場合について考えてみましょう。最初はパーゴラを設置するケースについてです。

素材と質感で統一するナチュラルなパーゴラまわり

パーゴラは金属素材とウッド素材、及び布素材の構成となるため、素材と質感で統一したナチュラルなコーディネートがおすすめです。

金属素材でコーディネートする場合にはフェンスと合わせることが可能ですし、ウッドで統一させるためには、ウッドデッキなどが合います。

また、通販で入手できる小さいアイテムをDIYで施工するのも面白いです。

塗装に凝るのも面白い

質感表現のために、塗装に凝ってみるのも意外と面白いです。

特に、ウッド素材には浸透するタイプの塗装もあり、色調と質感を変えることが出来ます。ホームセンターなどでも販売しているので、確認も手軽です。

ガーデン部分へのオーニング設置の施工例

次に、オーニング設置の場合について考えてみましょう。

フォルムで統一するオーニングまわり

オーニングは直線的なフォルムのため、他のガーデンエクステリアも直線的にすべきでしょう。

ただし、オーニングは布で屋根を構成しているため、設置するガーデンエクステリアをあまりにも直線的過ぎると、ミスマッチになる可能性もあります。その部分は「適度」にする必要も出て来ます。

シンプルに決めるデザイン

オーニングは直線的なフォルムであるため、シンプルなガーデンエクステリアが良いデザインになります。

外構工事は装飾を多めにする場合と、シンプルにする場合があります。オーニングのフレームは金属製のため、シンプルの方が良いでしょう。

まとめ

より良いエクステリアとするための外構に関する知識や施工例などについて述べました。良い外構工事のためには、ガーデンエクステリアに関する様々な知識が必要であることも分かったと思います。

ガーデン部分の庭造りはアイデアも必要ですが、知識も非常に重要です。良いガーデンエクステリアを造るために、情報収集に励みましょう。