カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

お庭にテラスをつけておしゃれさを演出。最適なエクステリアとは

テラスのある庭を造る!デザイン性アップのためのエクステリア素材

エクステリアはデザインが自由なのが魅力です。しかし、使うことの出来る素材などを知っておかないと、なかなか良いデザインの庭は出来ません。

特にテラスの様に、住宅と庭との境界部分のエクステリアデザインは難しいです。そのため、プランニングには様々なアイテムや施工例の知識が必要です。

そこで、ここではエクステリア設計の自由度からはじめて、植物を中心とした庭造り、そしてテラスまわりに使える素材やアイテムについて紹介したいと思います。

この記事の監修者
WEBマーケティングライター
田上 信
大手建材メーカーで開発部門に席を置いています。エクステリアに関しては商品開発に10年携わって来ました。また、建材全般のテストエンジニアとしても物理・化学・電気に関する試験を担当して来た経験があります。私生活としては、東京在住、家族は5人。趣味は英語のブログ執筆。

エクステリア設計はアイディア次第

まずは、エクステリア設計の自由度について取り上げたいと思います。

エクステリアの施工は基本的に自由

ホームセンターのエクステリアのコーナーを見てみると、メーカー製の門扉やフェンスなどばかりが並んでいる場合があります。そのため、設置可能な製品が決まっているかの様に見えるかも知れません。

しかし、庭に設置出来るエクステリアのアイテムは、メーカー製品のみとは限りません。施工は基本的に自由なのです。

例えば、エクステリアのメーカーはアルミを多用した機能門柱を販売していますが、必ずしもそれだけとは限りません。古い枕木などを購入して、表札やポストを取り付けても、素敵な機能門柱として使えます。

素材にしろデザインにしろ、庭は基本的に自由なのです。

トータルでのコーディネートがおすすめ

エクステリアのデザインは確かに自由ではありますが、全体を見渡した時に違和感を覚えるのは、やはりいただけません。統一感は、やはり欲しいです。

エクステリアのデザインもトータルで考えるのがおすすめです。曲線のデザインを基調としたもの、ウッド素材を多用するものなど、コーディネートは自在です。

コーディネートを考えるのも楽しいので、ぜひオリジナリティ溢れる庭を造りましょう。

使う素材は自由に選べる

エクステリアに使う素材も自由です。木の物もありますし、金属の物もあります。また、樹脂製の物も可能です。

使用する上で、安全上に問題が無く、腐食や破損の心配もなければ、基本的には自由自在と言えるでしょう。

リフォームでエクステリアを設置する

次に、家をリフォームする場合について考えてみましょう。

リフォームでもアイテム設置は思いのまま

エクステリアのアイテムは、リフォーム時の設置も可能です。エクステリア製品は、基本的には新築時だけとは限らず、住宅に後付けで施工出来る様に作られています。

テラスまわりを一新させたい場合には、デッキなどを壁面に設置すれば良いですし、屋根が必要であれば、後からでも取り付けることが可能です。

庭の工事はリフォームでも自由自在

庭のリフォーム工事をもう少し掘り下げると、更なる自由度が見えて来ます。例えば、テラスまわりは芝生を植えるのでは無く、砂利を敷くのも面白いでしょうし、利便性を取って物置を設置することもおすすめです。

また、車が好きな人であれば、ゲートやガレージをテラスの近くに設置するのも良いと思います。

いずれにせよ、庭の工事はリフォームであっても自由自在です。

庭造りを植栽の観点から見ると

ここで、庭造りを植栽の観点から見て行きたいと思います。

植物で庭に躍動感を加える

エクステリアのアイテムは庭を機能的に、しかも、おしゃれにしますが、やはり自然の植物には敵わない部分も多いです。そのため、植物を庭に飾ることが大切になります。

自然の草花には生命感と躍動感があります。これはエクステリアメーカーの販売しているアイテムでは真似が出来ません。ぜひとも植物を取り入れて躍動感の溢れる庭を造りましょう。

ガーデニングで庭を飾る

ガーデニングは、四季折々の草花の成長や実りをリアルに感じる点に、その面白さがあります。そして、庭を飾る点でも、大きな意味を持ちます。

植栽はガーデニングのグッズを使うことによって、エクステリア全体の統一感が現れます。

また、仮に小さな手作りのガーデニングのグッズであっても、デザインのアクセントに使うことも出来ます。ぜひ、庭に取り入れてみましょう。

木を植えるのも面白い

仮に狭い庭であったとしても、シンボルツリーの様な木を植えることも可能です。シンボルツリーはそれほど大きな木ではありませんが、それでも見る人にインパクトを与えます。

木は説得力を持つだけではありません。デザインとしても縦に伸びるイメージとなるので、大きく広がると言えるでしょう。

DIYでの工事

ガーデニングの工事は、ある程度であればDIYでも可能ですし、範囲を決めさえすれば、おすすめ出来ます。

確かに造園専門の会社に依頼することも良いのですが、業者を起用すると、どうしてもイメージが合わない時があります。しかし、DIYであれば自分好みの庭を造りやすいと言えるでしょう。

自由な素材でテラスを造る

次に、テラスを造る素材について例を挙げて紹介します。

レンガを使う

テラスにレンガを敷いてみると、洋風の雰囲気を作ることが可能です。また、レンガは価格的にもあまり高い物では無いので、仮に予算が少ない場合でも、比較的気軽に設置することが可能です。

ケースによっては施工にコンクリートが必要ともなるかも知れません。しかし、比較的簡単に、しかもおしゃれなデザインとすることが出来るでしょう。

タイルを敷いてみる

テラス部分にタイルを敷いてみるのも面白いデザインとなります。今のタイルはデザインバリエーションも広く、施工によって様々な表情を見せてくれます。

例えば、テラコッタ調の物を使えばレトロな雰囲気の演出が可能ですし、シャープな物を使えばモダンな雰囲気となります。

タイルもやはりアイディア次第です。周囲のエクステリアのアイテムと合わせて、より良いトータルエクステリアを演出しましょう。

敷石を工夫する

テラス部分のエクステリアのアイテムとして、敷石もおしゃれな演出をします。敷石にはブロック状の物があり、レトロな雰囲気を醸し出す物もあるからです。

また、敷石にも色調が微妙に違う物もあり、組み合わせによって様々な表情を見せてくれます。

ですから、敷石も工夫次第で、庭を更に楽しくすることが可能なのです。

庭をグレードアップさせるテラスのアイテム

テラスにはガーデニングの楽しみや、素材にこだわる楽しみもあることが分かったことと思います。しかし、どうせならば「一枚上手のエクステリア」としたい物です。

そこで、ここではテラスをグレードアップさせるアイテムとして、ウッドデッキとパーゴラについて紹介します。

ウッドデッキの施工

まずはウッドデッキについて紹介します。

ウッドデッキは、テラス部分に天然木を感じさせるスペースとなります。そして、単にデッキで終わるのでは無く、目隠しフェンスなどを設置することによって、プライバシーを確保したユーティリティスペースとすることも可能です。

また、庭のエクステリア製品の配置によっては、せっかくの庭が無味乾燥の物になってしまいます。

しかし、エクステリアにウッドデッキを加えるならば、温かく、しかも柔らかい雰囲気を加えることが出来て、「くつろぎのスペース」を造ることが出来るのです。

パーゴラの設置

パーゴラもウッドデッキと並んで、テラスをグレードアップさせるエクステリアアイテムと言うことが出来ます。特に、木製のパーゴラは、ウッドデッキ同様、木の持つ温かさや柔らかさを持っているので、非常に魅力的です。

また、パーゴラの日除けは布製なので、アルミ製のテラス屋根の様なシャープな物ではありません。そのため、庭全体に温かさと柔らかさを加え、ゆったりした空間演出に有用です。

そして、今のパーゴラは日除けを電動で動かすことも可能ですので、操作性も非常に優れています。雰囲気づくり、日除けとしての機能、電動開閉による操作性、パーゴラは魅力の溢れるアイテムなのです。

まとめ

テラス部分のエクステリアについて見て来ました。植栽にしろ、素材にしろ、様々な庭が演出可能です。

また、エクステリアアイテムとしての、ウッドデッキやパーゴラの設置も面白く、更に庭を良い物に変えてくれます。

テラス部分の演出は楽しい物です。お気に入りの素材を使って、より楽しく仕上げましょう。