カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

家の印象を決めるエクステリア、門扉について詳しく解説

玄関をおしゃれにするエクステリア!門扉を徹底解説

エクステリアは家を飾る意味で非常に重要ですが、その中でも門扉は「家の顔」とも呼べるほどの重要なアイテムです。例えば、家を訪れる人は門を開けて入りますが、門扉がおしゃれであれば好印象を持たれますし、それなりの物しか無かったら、印象もそれなりになりかねません。

また、エクステリアメーカーのカタログを見ると、門扉に多くのページが割かれていて、様々な素材の物が掲載されています。

そのため、門扉を設置するに当たっては、種類や特徴などを知っておくのがベターです。

そこで、ここでは門扉について、目的や種類などを解説したいと思います。

門扉を設置する目的

まずは門扉を設置する目的について取り上げてみましょう。

敷地外との仕切り

門扉の第一の設置目的は「敷地外と敷地内の仕切り」と言うことが出来ます。門扉の内側は敷地の中、門扉を出たら敷地の外になる、と言ったイメージです。

正確に言うならば隣地境界線が敷地の仕切りで、門扉の外にも敷地はあるのですが、一般的には門扉で敷地の内外が決まります。

デザイン

エクステリアの設置目的の1つに「敷地まわりのデザイン」がありますが、その中でも、門扉は最も重要な「門のデザインアイテム」と言うことが出来ます。

門構えは来訪者を優しく玄関ドアへと迎えることも出来ますし、不審者を威圧して玄関まで通しません。また、家におしゃれな雰囲気を持たせる上でも、門は重要です。

門扉はそのデザインの持つ風格や威厳で、家の印象を決める、エクステリアの重要アイテムなのです。

プライバシー保護

門扉には目隠しの機能もあり、プライバシーの保護の点で重要なエクステリアのアイテムです。フェンスと組み合わせることによって、高いレベルでのプライバシー保護が可能となります。

防犯

エクステリアの重要目的に防犯がありますが、門扉は玄関を不審者から守る上で非常に重要です。特にサイズが大きいタイプを設置すれば威圧感が増すので、防犯効果が上がります。

尚、フェンスを組み合わせ、勝手口部分にも門扉を施工すれば、非常に防犯効果の高いエクステリアにすることが出来ます。

門扉の種類

次に、門扉の種類の代表的な物について紹介します。

両開き

門の左右に門扉を吊り込む納まりで、左右に開きます。基本の納まりは内開きです。

外開きにも対応は可能ですが、その場合は隣地境界との干渉もあることから、全体をセットバックして納められることが多いです。

片開き

片開きは門扉1枚を設置する納まりです。開口幅の狭い場合に使われます。

片開きも納まりの基本は内開きとなります。

伸縮門扉

伸縮門扉は左右に開く門扉で、アコーディオンの様に伸縮する構造が特徴です。

門扉は一般的には開閉のためのスペースが必要ですが、伸縮門扉は門扉そのものが伸縮するため、引き込みのスペースが必要ありません。ですから、狭い敷地の場合などに重宝します。

引き戸

引き戸は左右にスライドさせて開閉する門扉です。レールのあるタイプと無いタイプがあります。

引き戸は開口が広い部分に向いていますので、車庫のゲートに使うのがおすすめのエクステリアのアイテムです。

主な住宅用門扉の素材

エクステリアのカタログを見ると、様々な門扉が掲載されています。ここでは代表的な門扉について紹介します。

アルミ形材

アルミ形材門扉はアルミ押出形材と呼ばれる材料で作った門扉です。この材料はアルミサッシと同じ素材で、エクステリア商品に非常に多く使われています。

特徴としては、様々なサイズの門扉を造ることが比較的簡単なため、大きな開口部から小さな箇所まで対応が可能です。門扉のデザインは基本的には直線を基調とした物が多くあります。

また、商品としては、フェンスなどにも同じデザインの商品が揃えられているため、エクステリアをトータルにコーディネートする点でおすすめです。

アルミ鋳物

アルミ鋳物門扉は、熱で溶かしたアルミを、砂の鋳型に流し込んで造る門扉です。直線的なアルミ形材門扉とは違い、曲線的なデザインも造りやすい特徴があります。

アルミ鋳物門扉も同じデザインのフェンスが商品化されているので、デザインをトータルで考えやすいメリットがあります。

スチール

スチールの門扉の代表例としては、工芸品の様な風格のあるロートアイアンの商品や、スチールメッシュの商品があります。

ロートアイアンの物は玄関正面に設置され、メッシュのタイプはメッシュフェンスと併せて設置され、裏口などに使われることが多いです。

ウッド

ウッド素材の門扉も、多くのエクステリアメーカーが商品化しています。

ウッドは同じデザインのフェンスなども商品化されていて、しかもガーデン部分のパーゴラともデザイン的に合わせやすい点がメリットです。

他のエクステリアとのコーディネートについて

ここで、門扉と他のエクステリアとのコーディネートについて、それぞれのアイテムごとに紹介します。

フェンス

エクステリア商品のカタログを見ると、門扉とフェンスは基本的には同じシリーズとして商品化されています。ですから、同じシリーズの門扉とフェンスを施工すれば、敷地まわりのエクステリアのデザインは統一化されます。

ガレージ部分のゲート

ガレージ部分のゲートとは、アルミ形材の門扉がコーディネートをしやすいです。

特に、ゲートに使う引き戸は、アルミ形材製の商品が多いこともあり、シャープさを基軸にしたデザインでエクステリアをまとめやすくなります。

ウッドデッキ・パーゴラ

ウッドデッキやパーゴラをテラス部分に設置している場合には、木製の門扉とフェンスの施工がおすすめです。フラワーポッドなどを併せて設置すると、躍動感あふれるエクステリアを演出することが出来ます。

特にオープン外構として、エクステリア全体を開放的に造る場合には、トータルをウッドのエクステリアでまとめると良い雰囲気になります。更に、敷石やレンガなどを組み合わせると、デザイン的に面白くなるのでおすすめです。

機能門柱

機能門柱にはアルミやウッドの商品があり、門扉ともデザインを合わせやすくなっています。同じ素材の物を使えば、質感の部分でコーディネートを造ることが出来ます。

DIYのエクステリア工事

ここで、門まわりエクステリアのDIY工事について紹介します。

門は車庫まわりエクステリアと比較すると規模も大きくは無いため、比較的DIYでの施工が簡単です。ただし、施工が悪いと仕上がりも良くありません。代表的なDIYでの施工のポイントについて紹介します。

水平・垂直が出ないと不格好になる

門扉は構造的にはそれほど難しくは無いのですが、門まわりでも一番目に付くアイテムでもあるため、ちょっとした施工の悪さが美観に現れてしまいます。

特に、門扉の水平や垂直が出ていないと不格好になってしまいますし、両開き門扉の左右に段差が出来てしまうと非常に形が良くありません。

ですから、元になる門柱の高さや垂直度などを、しっかりと確認することが大切です。

基礎工事はしっかりと

門扉はコンクリートで基礎を造って施工しますが、仮に基礎工事がいい加減だと、門扉の傾きや倒れの原因になります。

特に、大型のアルミ鋳物門扉は重量があるため、基礎工事をしっかりとすることが大切です。工事直後には問題が無くとも、時間が経つと倒れて来るケースもあり得るので、工事はしっかりとしましょう。

電気工事は資格が必要

エクステリア製品には電気を使う物も多いです。門扉であっても電気錠を使うことの可能な商品もありますので、電気工事あります。

ただ、電気工事をするのは資格が必要です。有資格者のいるエクステリア業者に依頼をしましょう。

まとめ

門扉について、種類や他のエクステリア商品との合わせ方などについて紹介して来ました。工事などのイメージが出来る様になったことと思います。

家造りはトータルで考えることが大切ですが、エクステリアを考えるならば、門扉の存在は「家の顔」とも言えるので重要です。種類や素材などを確認し、エクステリア造りに生かしましょう。