カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

自立式オーニングの特徴とは?庭やベランダに設置するメリット

自立式オーニングの特徴とは?庭やベランダに設置するメリット

オーニングとは、カフェなどでよく見かけるおしゃれな“ひさし”のことです。

一般家庭でも日よけ・雨よけとして庭やベランダに設置しているところが多く、機能性とデザイン性を兼ね備えた人気のエクステリアです。

壁打ちタイプは工事を伴うためある程度技術が必要ですが、自立式のものはDIYでも設置することができ初心者の方にもおすすめ。

ここでは、様々な形状を持つオーニングの種類と、自立式オーニングの特徴について解説しています。

オーニングを設置することで得られるメリットも紹介しているので、購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

オーニングのタイプと自立式の特徴

オーニングのタイプと自立式の特徴
一口にオーニングと言っても、その種類は様々。

まずはオーニングにどんな種類があるのか、またそれぞれどのような特徴あるのかを詳しく見ていきましょう。

オーニングの商品タイプにはどんなものがある?

オーニングは設置方法や形状によって以下のように種類が分かれています。

  • サンシェード型
  • 壁打ち型
  • 突っ張り棒型(自立式)
  • 独立型(自立式)

サンシェード型

サンシェード型のオーニングは設置が簡単で費用も安いため、日よけとしてポピュラーな種類です。

四角や中央にハトメ加工が付いており、紐を結ぶだけで設置が可能。
金具や工具を必要とせず、100均などでも購入することができます。

その名の通り日よけに適した素材になっており、紫外線カットや市内温度の上昇を抑える役割を果たします。

布生地のものが定番ですが、フェイクリーフの自然にマッチするデザインも人気です。
グリーンカーテンは遮光などの機能性だけでなく、見た目にも癒されるデザイン性の高さが魅力です。

壁打ち型

壁打ち型のオーニングは、支柱などがないためスッキリと見栄えの良いデザインになります。

店舗に取付られているオーニングは壁打ち型が多いです。
壁打ち型は外壁への工事が必要となるため、DIYも可能ですが基本的には業者へ依頼するのがおすすめ。

また賃貸の場合は穴をあけることができないため、他の種類を選ぶ必要があります。
費用に余裕があり、本格的なオーニングを使いたい場合はこちらを検討してみても良いでしょう。

突っ張り棒型(自立式)

突っ張り棒型のオーニングは、地面と軒下に突っ張り棒を固定することで設置できる自立式のタイプです。
工具不要でDIY初心者の方でも作りやすく、外壁に影響を与えないため賃貸などでも設置可能。

手動または自動でオーニング部分を巻き取ることができるため、季節や天気に合わせて使い分けられます。
簡易的な自転車置き場や洗濯スペースとしても活用できるでしょう。

独立型(自立式)

独立型のオーニングは、壁や軒などがない場所でも設置可能なタイプです。
DIYで組み立てることも可能ですが、大型サイズの場合は設置を依頼した方がスムーズです。

独立型はそのままでは強風などで倒壊してしまう危険性があるため、脚の部分に重りを付けるなどきちんと固定する必要があります。

構造上壁打ち型のオーニングが取付られない場合や賃貸の場合は自立式の商品を検討してみてください。

自立式オーニングを追加するメリット

自立式オーニングを追加するメリット
続いては、オーニングを設置することでどのような効果・メリットが得られるのかを解説。

オーニングの中でも突っ張り棒型・独立型と呼ばれる自立式のタイプに注目してメリットをまとめています。

日よけ・雨よけになる

まずはオーニング本来の役割である日よけ・雨よけの効果です。
せっかくウッドデッキやテラスが付いていても、屋根がないと夏場は暑くてゆっくり過ごすことができません。

オーニングがあれば直射日光を遮ってくれるので、夏でも比較的快適な環境を確保できるでしょう。
紫外線カットの効果も期待できるため、屋外にプールを出したりバーベキューをしたりする際でも安心です。

簡易的な独立型オーニングであれば移動もできますし、パラソル代わりのように使うことも可能です。
日差しが和らぐと室内温度の上昇も抑えられるので、冷房代の節約にもつながるのではないでしょうか。

また日差しだけでなく、雨よけとしても機能します。
ベランダにオーニングを設置しておけば、突然の雨でも洗濯物が濡れてしまう心配がありません。

自立式オーニングは角度調整も容易なので、日よけのときと雨よけのときで角度を変えるといったことも可能です。

外からの目隠しになる

オーニングは屋根にも壁にもなるため、隣家や外からの視線をシャットアウトする目隠しにもなります。
周りの目を気にすることなく、ゆったりと庭でくつろぐことができるでしょう。

自立式オーニングの中には、縦向きに設置できる商品もあります。
スクリーンのようになっているので、必要に応じてスクリーンを下ろしたり巻き取ったりして使い分けましょう。

庭をおしゃれにアレンジできる

オーニングはシンプルなものが多いイメージですが、ストライプやチェック柄の入ったおしゃれな商品もたくさんあります。

自宅の庭に簡単なカフェ風スペースを作ったり、外観を洋風にアレンジしたりして一工夫するのも楽しいのではないでしょうか。

設置不可のエリアもあるので要チェック

自立式のオーニングは住宅の構造や賃貸であるかどうかに関係なく設置できる便利なアイテムです。

しかし、居住エリアによっては外観の色合いや素材が規制されている可能性があります。
風致地区に住んでいる場合はオーニングの設置が可能かどうかをあらかじめ確認するようにしましょう。

まとめ

  • オーニングには壁に固定するタイプと自立式の大きく2種類がある
  • 自立式は外壁に影響しないため賃貸でも利用できる
  • 日よけ・雨よけだけでなく、目隠しや住居のアレンジなど自立式オーニングには様々なメリットがある

自立式オーニングはDIYで自作しやすく、工事が必要な壁打ち型よりも安い値段で設置できます。

外観を彩るワンポイントとして取付てみてはいかがでしょうか

OZTECHの製品もおすすめ。こちらをチェック