カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

住宅や店舗に日除けをつけるのであればパーゴラやオーニングがおすすめ

大型の日除けも設置可能!パーゴラとオーニングを一挙紹介

テラスでのくつろぎの時間は、実に快適です。心地良い風と日差しが、身も心も癒してくれます。特に忙しい日常に追われている人にとっては、テラスで過ごす時間は「上質の休暇」とも言えるでしょう。

さて、テラスは心地よいスペースですが、天気によっては日差しが強い時もあります。そこで必要なのが日除けです。

ところで、日除けをエクステリアに設置する場合、どの様な方法があるのでしょうか。

そこで、ここではパーゴラに日除けを設置する場合と、オーニングについて紹介します。

この記事の監修者
WEBマーケティングライター
田上 信
大手建材メーカーで開発部門に席を置いています。エクステリアに関しては商品開発に10年携わって来ました。また、建材全般のテストエンジニアとしても物理・化学・電気に関する試験を担当して来た経験があります。私生活としては、東京在住、家族は5人。趣味は英語のブログ執筆。

日除けとパーゴラの組み合わせ

パーゴラはテラスなどに設置するエクステリアアイテムで、柱や屋根などに植物などを絡ませて楽しめます。植物を絡ませると植栽の様な味わいとなるのですが、敢えて布製の日除けを着けることも面白いです。

ここではパーゴラと日除けの組み合わせについて紹介します。

パーゴラへの日除けの取り付け

パーゴラと日除けは比較的簡単に固定することが可能です。

日除けの取り付けは、確かにDIYでは少々ハードルが高いかも知れませんが、業者に工事を依頼するなら、それほどの費用も掛からずに済みます。パーゴラの仕様と、周囲のエクステリアアイテムのデザインに合わせて、日除けは自由選べます。

尚、パーゴラには独立タイプもありますので、庭の中央部などに日除けと一緒に設置し、家から離れた部分をおしゃれなスペースとすることも可能です。テラスでのパーゴラも良いのですが、家から少し離れた位置での、くつろぎの空間もおすすめです。

パーゴラの日除けは開閉可能

パーゴラの日除けは開閉式にすることも可能です。開閉式にすると、天候に合わせて日差しを調整出来ます。好みの状態に出来る点が魅力と言えるでしょう。

大型の日除けも設置可能

家にもよりますが、テラスは意外に広いスペースになります。そのため、その面積を保護するためには、日除けも大型でなくてはなりません。

パーゴラには大型のタイプもあり、広いスペースをカバーする日除けを作ることが可能です。特に、ウッドを基調としたパーゴラであれば、布製の日除けとデザイン的にマッチします。

テラス屋根と日除けの違い

パーゴラの日除けと似ている製品にテラス屋根があります。どちらも屋根の製品なので、間違いやすいかも知れません。しかし、双方には大きな違いがあります。

それは屋根材です。テラス屋根はポリカーボネートなどの樹脂板が主流です。しかし、パーゴラの日除けは基本的に布製となっています。そのため、テラス屋根にはプラスチックから来る「固さ」がどうしても現れます。しかし、布地がベースのパーゴラの日除けは、柔らかく、ゆったりした雰囲気作りのために効果的です。

オーニングは開閉自由な日除け

次に、オーニングについて取り上げたいと思います。オーニングはパーゴラと「日除け」という点では同じです。

しかし、パーゴラは独立して建てる構造体なのに対して、オーニングは壁面に設置する可動式の日除けである点が違います。

好きな出幅に調整可能

オーニングの特徴は、好きな位置で日除けを止められる点にあります。基本的に、布製の屋根を伸ばす構造のため、任意の位置でストップさせることが可能なのです。

ですから、仮に半分の面積で済む場合には、屋根をいっぱい出さずに、半分だけ出した形でも使えます。

そのため、例えば大人数でパーティーなどをする場合には、広い屋根をることが可能ですし、小さいスペースでコーヒーなどを楽しむ場合には、必要な分だけ出して、小さく使うことも出来るのです。

雨よけとしても使える

オーニングは布製ですが、丈夫な素材で構成しているので、仮に雨が降ったとしても、雨よけとして使うことが可能です。

そのため、オーニングの下でコーヒーなどを飲んでくつろいでいる時に、急に雨が降り出したとしても、慌てることはありません。

魅力的な電動開閉商品

パーゴラとオーニングには電動開閉が可能なタイプがあります。ここでは、電動開閉タイプのメリットについて紹介します。

抜群の操作性

パーゴラにしてもオーニングにしても、電動開閉機能は操作性を大きく向上させます。と言うのも、パーゴラとオーニング、どちらも日除けは布製ではありますが、やはり重量があり、動かすことは簡単では無いからです。

そのため、仮に手動で動かすならば、開閉速度が遅くなったり、体力が必要になります。

しかし、電動開閉とするならば、そのような労力も必要無く、スムーズな操作が可能となるのです。

大型の屋根で威力を発揮

パーゴラやオーニングには、10メートルクラスの非常に大きなタイプがあります。そして、この様な非常に大きな日除けの操作を、仮に人力でするならば、更に労力が増えてしまいます。しかし、電動開閉であるならば、シートの重量があったとしても、スムーズな開閉が可能です。

大型の屋根はレストランなどのパブリックスペースに設置されますが、電動開閉とせずに人力とするならば、開閉操作だけで大変です。しかし、電動はその様な労力をカットしてくれます。

遠隔操作が可能

電動開閉の製品は遠隔操作が可能です。ですから、例えば室内から動かすことも出来てます。

遠隔操作の機能は大型の物を使うパブリックスペースなどで、特に便利です。離れたところから全体の状況を見るならば、開閉の途中の状況まで見ることが可能です。

パーゴラとオーニングを中心としたエクステリア

エクステリアはトータルで考えることが重要です。それはパーゴラやオーニング、そして日除けをベースにする庭造りでも同ことが言えます。

そこで、ここではパーゴラやオーニングを、別のエクステリア製品と組み合わせた場合について考えてみたいと思います。

ウッド製品を組み合わせる

テラスにパーゴラやオーニングを設置する場合、ウッドデッキやラチス、そしてフラワーポッドなどのパーツを組み込むと、華やかなデザインとなります。

特に、ウッドを基調にしたパーゴラなどは、ウッドデッキとの相性が良いため、全体のコーディネートが容易です。

ウッドデッキは様々なメーカーから出ている物の他にも、キットで販売されている物もあります。大型のパーゴラに合わせることも可能なので、組み合わせを楽しむことが出来るでしょう。

尚、テラスが広い場合には、大型のパーゴラを設置し、ウッドデッキも大きくし、パーゴラやオーニングも大型の製品を取り付けることがおすすめです。

目隠しフェンスの設置

パーゴラやオーニングを中心としたエクステリアは非常に開放的になるのですが、プライバシーの保護がなおざりになるケースもあります。その場合、目隠しフェンスやパネルなどの設置がおすすめです。

また、目隠しフェンスなどはホームセンターなどでも選ぶことが可能です。好みのフェンスと日除けを組み合わせれば、オリジナルのエクステリアを楽しむことが出来るでしょう。

玄関ポーチなどにも応用可能

パーゴラやオーニングは家の側面や庭に設置するだけでは無く、他にも応用が可能です。

例えば、玄関ポーチなどへの設置を考えてみても面白いのでは無いでしょうか。

玄関まわりが緑であふれ、そこに木陰の様な空間が出来れば、心地の良いアプローチとなることでしょう。

メーカー製エクステリアとDIYエクステリア

エクステリアにはメーカー製の物と、ホームセンターで素材を購入してDIYで作る物があります。それぞれに持ち味があるのですが、パーゴラやオーニングは業者に依頼して設置しましょう。と言うのも、パーゴラとオーニングには可動部分と電動部分があるからです。

特に、電気まわりは有資格者でないと工事が出来ません。プロの業者に依頼をして、確実な工事としましょう。

また、DIYの工事でも、大型の目隠しフェンスなどをDIYで取り付けるのは、あまりおすすめ出来ません。と言うのも、目隠しフェンスは意外に風圧力が掛かるため、しっかりとした工事が必要となるからです。

とは言っても、エクステリアはオリジナリティーを出したい物ですので、プランニングの際に業者と相談し、DIYで作る範囲などを決めるのが良いと思います。

まとめ

パーゴラとオーニングについて述べて来ました。これらの製品が日除けとしておすすめ出来る製品であることが、お分かりいただけたことと思います。

また、大型の日除けも設置が可能であり、電動開閉の利便性についても理解いただけたことと思います。

日除けのあるエクステリアは心地の良い空間です。パーゴラやオーニングのメリットを生かし、オリジナリティー溢れる庭を造りましょう。