カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

レストランやショップにオーニングテントを入れると得られるメリット

店舗にオーニングテント設置を。メリットを解説

店舗を経営している貴方は、オーニングテントを設置していますか?オーニングテントは非常に有用なもので、是非とも設置しておきたいものだと言えます。紫外線対策やUVカット、風通しが良くなり、節電にもなるなど様々なメリットがあるのも大きなポイント。

オーニングテントを設置すれば紫外線に悩まされやすく、高い温度で過ごしにくい夏場でも快適に過ごすことができるでしょう。もちろんオーニングテントはメーカーによって様々な種類があるので、選び方も大きく違います。

それでは、店舗にオーニングテントを設置するメリットや種類・選び方についてご説明しましょう。

オーニングを設置することによる店舗へのメリットを解説

オーニングを設置することによる店舗へのメリットを解説

オーニングテントを設置する主なメリットは、以下の通りです。

  • 省エネ効果
  • 有害な紫外線をカットする
  • クーラー病を防ぐ
  • 住空間が拡張できる
  • プライバシーが守れる
  • 節電になる

オーニングテントを設置することでこのように様々なメリットがあるので、興味がある人は是非とも店舗にオーニングテントを設置してみてはいかがでしょうか。それでは、オーニングテントを設置する主なメリットについてご説明しましょう。

省エネ効果

オーニングテントを設置する第一のメリットとして、省エネ効果が挙げられます。通常、外から室内に差し込んでくる日差しはカーテンやブラインドで防ぐのが一般的です。しかし、一見するとカーテンやブラインドで室内に日差しが入り込むのを防いでいるように見えますが、実際は室内に日差しを入れてしまっている状態だと言えます。

つまり、カーテンやブラインドに日差しを食い止めていても、その間の空気が暖められてしまうので冷房効率が良い状態とは言えません。この状態では窓側の空気が冷やされるのにかなりの時間がかかるでしょう。

しかし、オーニングテントを設置することによって、室内ではなく室外で日差しを遮ることが可能です。室内に日差しが入る前に室外で外断熱を行ってくれるので、高い遮熱効果が得られるのがポイント。これにより、室内に入ってくる日差しが限りなく少なくなるので夏場でも快適に過ごせるでしょう。

オーニングによる断熱効果はカーテンやブラインドの約10倍と言われているので、高い断熱効果が期待できます。店舗にオーニングテントを設置すれば、店内に日差しが入りにくくなるので快適に過ごせるでしょう。

有害な紫外線をカットする

紫外線が多い時期において対策がかかせないのが、私たちの肌や家具家電などに悪影響を及ぼす有害な紫外線です。有害な紫外線を長時間浴びると健康を害する危険性があるので、紫外線対策は必須だと言えます。

また、それ以上に室内に有害な紫外線が入り込むと室内のカーテンやブラインド、家具家電や畳などを劣化させたり退色させたりしてしまうのが問題です。いつの間にか家具やカーテンなどの色が変色していることに気づいたら、それは有害な紫外線に当たり続けたことによるものが原因でしょう。

ですが、オーニングテントを設置することで、有害な紫外線ごと日差しをカットしてくれます。これによって人の健康を害する恐れがなくなり、家具家電や畳などの劣化や退色が防げるのが大きなメリットです。設置するオーニングテントの生地を厳選すれば、ほぼ100%有害な紫外線をカットできるでしょう。

店舗経営において色あせや劣化は避けたいものなので、オーニングテントを設置すればいつまでも美観が保てますよ。

クーラー病を防ぐ

気温が上がりやすい夏場は特にクーラー病に注意が必要です。暑さのあまりクーラーで部屋を冷やしすぎたまま部屋で過ごしていると、体調を崩してしまいます。クーラーは適温でないと時として身体に悪影響を与えてしまうので、上手く調整する必要性があるでしょう。

そこでオーニングテントを設置することにより、間接的にクーラー病を防ぐメリットがあります。クーラー病を発症してしまうのは、外から日差しが室内に入り込んで室内温度を上げてしまうからです。室温が上がればクーラーで部屋を冷やそうとするため、身体が冷えやすくなります。

つまり、オーニングによって室外で日差しをカットできれば、日影が作られるので次第に室内の温度が適温になりますよ。室内に日差しが入ってくる心配がないとなれば換気ができるため、クーラーを稼働させなくても自然な温度調節が可能になります。

クーラーの使用頻度も減らせるので節電になるなど、様々なメリットがあります。店舗にオーニングテントを設置する場合、店内を冷やしすぎることもないので快適な温度で過ごせるでしょう。

住空間が拡張できる

オーニングテントを設置することで日影が作られ、風通しが良くなるので住空間が拡張できるのが大きなメリットです。室内で過ごすばかりでなく、ウッドデッキやオープンリビング、テラスなど外で過ごせる空間もこだわりたいものですよね。

しかし、日差しが直接当たる場所だと日差しを遮る手段が限られるので、とてもじゃありませんが快適に過ごすのは難しいでしょう。しかし、そこでオーニングテントを設置することによって、日影が作られるので風通しが良い中で快適に過ごせます。

外で食事やティータイムを楽しんだりできるのは、日々の生活を豊かにしてくれるものです。また、店舗にオーニングテントを設置することで、オープンテラスなどが手軽に設置できるのも良いですよ。店内ではなくオープンテラスなどで優雅に過ごしたい人もいるので、店舗の特徴の一つとしてアピールするのもアリです。

プライバシーが守れる

オーニングテントを設置することで、上階などからの視線を遮断できるのが大きなメリットです。通常、外からの視線を遮断するにはカーテンやブラインドを活用するのは基本ですが、それだと外から室内が見える家では常にカーテンやブラインドを閉め切ってしまうことになります。

それでは開放的に生活しにくくなってしまいますし、部屋が暗くなってしまうので電気を点けることにもなるでしょう。そこでオーニングテントを設置すれば、カーテンやブラインドを閉めなくてもオーニングテントによって視線を遮ってくれます。

正面から見ても室内が見えることはほとんどなく、もちろん上階からの視線も完全にシャットアウト。オーニングテントを設置すれば視線を気にすることなく快適に過ごせるでしょう。

節電になる

オーニングテントを設置すると、クーラーの温度を低くする必要性がないので節電になるメリットがあります。オーニングテントによって外断熱が可能になり、室内に入ってくる日差しが最小限になると温室効果も最小限になるのでクーラーの温度を低くする必要性がなくなります。

オーニングテントを設置していない場合、カーテンもブラインドもない状態だと室内に直接日差しが入り込むので冷房効率は非常に悪いです。温室効果が全開なので冷房の温度を下げつつフル稼働させることになるので、電気の消費量が上がる一方に。

カーテンやブラインドを設置しても、カーテンやブラインドと窓の間が日差しで温められてしまうので温室効果が高くなります。エアコンの稼働率も高いので、節電しにくい状態です。そこでオーニングを設置すると、室内に入り込む日差しが最小限になるので、クーラーをつけても適正温度が保てますし、クーラーをつける必要性がない日もあるでしょう。

このようにオーニングテントを設置するだけで節電になるので、設置する価値は十分にあります。特に店舗を経営している人にとっては電気代がかかりやすいため、節電ができるのは大きなメリットです。

オーニングテントの種類と選びかた

オーニングテントの種類と選びかた

オーニングテントを設置したい場合、メーカーによって様々な違いがあることを忘れてはいけません。大きく違うのは、アームの強度や防炎性、防水性、耐候性です。

まず、設置するオーニングテントの防炎性は必須だと言えます。特に店舗にオーニングテントを設置する場合、消防法などによる法律によって火災が起きた時に延焼を最小限に抑えられる防炎機能が必ず求められるでしょう。

そしてオーニングテントには雨除けの効果もあるので防水性を気にするに越したことはありませんが、生地の種類によっては防水性に優れていないことがあります。また、防水性に優れていたとしてもアームの強度が雨天時に対応できるかどうかも重要です。

耐候性は常に紫外線が当たるため、紫外線による劣化具合を低減させられるかどうかがポイント。耐候性が高ければ生地の耐用年数も上がるので気にするに越したことはないでしょう。

したがって店舗に設置するオーニングテントを選ぶ時のポイントは、以下の通りです。

  • 防炎認定を受けており、なおかつ信頼性が高いもの
  • 防水性か撥水性のどちらかに優れている生地を選ぶ
  • アーム強度が雨天に対応しているもの
  • 耐候性が高い生地

雨除けの観点で言えば防水性と撥水性のどちらを優先するか迷うところですが、撥水性の場合は水滴が落ちてくる点に注意しましょう。また、アーム強度は雨天に対応しているかどうかも大切ですが、強度が強い方がオーニングテント自体の強度を上げることにもなります。

アーム強度が弱いと風に煽られたり雨が溜まってしまったり、アームを張っても生地がたるんでしまったりとデメリットばかりです。アームの強度には十分に注意しましょう。

まとめ

まとめ

オーニングテントには様々なメリットがあり、積極的に設置しておきたいものです。店舗を経営している人にとっても快適に過ごせる店としてアピールできますし、それだけの価値があると言えます。特に気温が上がりやすく、紫外線量も多い時期ほどオーニングのメリットが如何なく発揮されるので、是非とも設置してみてはいかがでしょうか。

button
TITAN1
TITAN2
site-logo

OZTECH(オズテック)ジャパンの
電動オーニングテントは
オーストラリア、
ニュージーランド、韓国などで多くの
店舗に導入されている優れた商品です。
OZTECHのオーニングテントを導入することにより景観を
損なわず顧客の満足度を高め、なおかつ有効スペースの
拡大を
見込め、売上アップにも貢献することが
可能です。