カタログ CONTACT
カタログ CONTACT

ウッドデッキにパーゴラをつけることによるメリットやおすすめ製品とは

ウッドデッキにぴったりなパーゴラとは。DIYとメーカー製品どちらおすすめ?

エクステリア製品は単体で付けることは可能なのですが、庭は全体で考えること大切です。例えばパーゴラはウッドデッキに取り付ければ、面白みも増します。

ただ、パーゴラと単に言っても、DIYの物と、メーカー製があります。また、ウッドデッキもバリエーションがあります。素材も様々ですし、フェンス付きのタイプもあります。

そこで、ここではパーゴラとウッドデッキについて改めて考え、パーゴラのDIYとメーカー製の物、どちらがおすすめかを考えてみたいと思います。

この記事の監修者
WEBマーケティングライター
田上 信
大手建材メーカーで開発部門に席を置いています。エクステリアに関しては商品開発に10年携わって来ました。また、建材全般のテストエンジニアとしても物理・化学・電気に関する試験を担当して来た経験があります。私生活としては、東京在住、家族は5人。趣味は英語のブログ執筆。

パーゴラとウッドデッキを組み合わせた空間

ウッドデッキの設置は面白いのですが、ウッドデッキだけだと面白みに欠ける場合も多いです。

ウッドデッキはパーゴラを組み合わせると非常に面白い空間が出来上がります。ここでは、ウッドデッキとパーゴラを組み合わせた場合について紹介します。

ゆったりとした空間造り

ウッドデッキはユーティティスペースとして有意義なアイテムなのですが、それだけでは十分ではありません。例えば、その場に屋根があると更に快適になります。パーゴラを設置し、シェードで全体を覆うならば、ウッドデッキがより心地良い空間になるります。また、屋根部分に植物を絡ませるならば、一層心地よい空間になります。

この様に、ウッドデッキはパーゴラで快適な空間となるのです。

木材の味を楽しむ

ウッドデッキの持ち味は、「木材の味を楽しむ」という点が最も大きいです。木は柔らかく、温かい素材のために人気があります。そして、その温かい素材で構成する空間は癒しの効果も大きいと言えます。

また、パーゴラも木を使った製品もあります。パーゴラのカタログを見ると、確かにアルミがベースのパーゴラもあるのですが、木をメインの素材としたパーゴラもあり、温かさに富むエクステリア製品となっています。

また、パーゴラの支柱などに植物を絡ませ、藤棚の様に作ると、更に味わいが増します。支柱に絡んだグリーンは格別で魅力的です。

フェンスなどのエクステリアアイテムを組み合わせるためには

エクステリアのカタログを見ると、しばしば図面が載っていますが、図面からのイメージは難く、プロの施工業者と打ち合わせることが大切になります。

もしかしたら、業者との打ち合わせを煩わしく感じるかも知れませんが、実は業者との相談が多くのメリットをもたらす場合があります。例えば、他のエクステリア製品との組み合わせです。

庭全体に配置するガーデンエクステリア製品を考えてみましょう。パーゴラの他にも、フェンスなどもウッド素材にすれば、庭全体のコーディネートが出来ます。また、フラワーポッドなども合わせられるかも知れません。いずれにせよ、非常に面白くなります。

フェンスにしても、他のアイテムにしても、プロの知識は有用です。相談をおすすめします。

ウッドデッキの仕様を再確認する

ここでウッドデッキの仕様について再確認したいと思います。ウッドデッキは「単なる木製品」と思えるかも知れませんが、実はいろいろな工夫があります。

ウリンなどの天然木

ウッドデッキを調べると「ウリン」という用語がいくつも出ます。一見すると分かりにくいかも知れませんが、ウリンは樹木の一種で、別名で「ハードウッド」と呼ばれる樹木です。これは樹木としては金属に匹敵する強度と耐久性を持つ素材です。そして、ウリン材もその特性を買われ、ウッドデッキによく使われています。

ウリンを使ったウッドデッキは、天然木でありながら、非常に耐久性は良いです。しかも、木の本来の温かさを持っています。

この様に、ウッドデッキにあっても、材料とする木材から工夫がされています。高品質のウッドデッキが出来るのは、この様な素材の工夫があったからなのです。

人工木とは何か

人工木とは、天然木を粉砕して出来た粉末を樹脂とブレンドした素材で、木と樹脂の双方の特性を持った材料です。

特徴としては、メンテナンスが簡単な点があります。ウッドデッキに多く使われます。

ちなみに、人工木はウッドデッキだけに使われる素材ではありません。フェンスなどにも使われます。フェンスに人工木を使うと、庭全体が優しい雰囲気になります。

ウッドデッキに合うパーゴラ

さて、パーゴラをDIYにするかメーカー品にするかを考えたいと思います。パーゴラは構造的に見ると簡単そうに見えるのですが、いったいどうなのでしょうか。

フレームは木であるのがおすすめ

テラスなどのエクステリアアイテムを見てみますと、垂木などがアルミでポリカ板を張った屋根が基本となります。しかしパーゴラを考えるならば、ウッドデッキと合わせるならば、柱や屋根部分のフレームも木の方がピッタリ合います。

エクステリアはコーディネートが大切ですが、ウッドデッキと合わせるには、柱だけでなく屋根部分も合わせる必要があります。そのためには木の部分が柱だけでなく、屋根のフレーム部分も木であることが望まれるのです。

リフォーム対応可が望ましい

ところで、パーゴラはリフォームにも対応することが非常に大切です。と言うのも、中古住宅の取引は活発で、リフォームに対応するための後付け仕様が必要だからです。

ですから、パーゴラの柱の部分にも後付けがしやすい工夫が必要です。DIYでの施工は、柱は意外となおざりになるかも知れませんが、やはり柱は重要で、しっかりと建てるためにも工夫が必要なのです。

DIYとメーカー製パーゴラ

次に、パーゴラをDIYで作る場合と、メーカー製の物を比較したいと思います。

DIYでの魅力は費用を抑えることなどがあります。しかし、DIYで取り付ける場合、ネットなどで見つけられる情報では限度があり、ギブアップに追い込まれるかも知れません。

メーカー製パーゴラのメリットとデメリット

それでは、メーカー製のパーゴラのメリットとデメリットにはどの様な物があるのでしょうか。

主なメリットとしては、バリエーションを選べる点が挙げられます。例えば、DIYで作ることを考えると、布などを張ることは可能かも知れませんが、電動開閉付きなどは難しく、メーカー製に軍配が上がります。

また、タイプを考えても、多くのタイプが揃っていると言えます。パネルを柱に取り付けてフェンスとしたり、目隠しパネルをおしゃれに扱ったりと、その部分ではメーカー品が勝ります。

メーカー品の難点になる要素は、費用の面がメインです。

と言うのも、費用面では個人の方が部材を安く仕入れることも可能だからです。例えば、パーゴラの作り方を考えるならば、柱を立ててフレームを組むことになります。つまり、DIYでも対応が可能なのです。そして、DIYにより価格を抑えることも可能になるのです。

しかし、トータル的に評価をするならば、メーカー品の方がおすすめです。標準的な施工だけでなく、フェンス付きに関しても柔軟な対応が可能なのは「メーカー製ならでは」と言えるからです。

施工はプロの業者に

パーゴラの作り方だけを考えると、DIYのキット品などでの製作も可能なのですが、製品の出来栄えを考えるならば、プロの業者に依頼する方がおすすめです。

プロに任せるならば、製品の設置だけでなく、庭のトータルコーディネートも考えてくれます。例えば、先に柱に植物を絡ませる面白さを述べましたが、どの様な植物が柱に合うか、柱をどの様にするかなどは、プロのノウハウに寄る部分が多いからです。

また、ウッドデッキの例を考えても、作り方を熟知し、フェンスなどとの取り合いの上手くするのも、プロの技術と言う事が出来ます。ですから、パーゴラとウッドデッキの施工は、プロの施工業者に相談することがおすすめです。

まとめ

パーゴラとウッドデッキについて見て来ました。値段的にはDIYに負けるかも知れませんが、仕様で言うならばメーカー品がおすすめであることが分かったことと思います。また、ウッドデッキに合わせるための条件も理解出来たことと思います。

今のウッドデッキは工夫が凝らされていますが、それに合わせるために、パーゴラは良い業者に施工を依頼する必要があります。庭造りの際には、ぜひ専門業者と相談しましょう。